タミフルの副作用まとめ

2015年はタミフルがなくなりやすいかもしれません

2015年はインフルエンザの当たり年とは言われていませんが、それでも要注意とは考えられています。例年、インフルエンザは年末から年始、春先にかけて日本では大流行してしまうのですが、今年は春先だけではなく、比較的長く流行がg続いたこともあり、タミフルの需要が一気に伸びてしまい、足りなくなりやすいのではないかと心配されています。インフルエンザにタミフルが効くというのは半分あたっていますが、半分は間違いです。タミフルがインフルエンザに効くのはインフルエンザウイルスを増殖させないだけであり、増殖が進んだ状態では効き目が薄いですし、インフルエンザウイルスの型によってはタミフルではなく、リレンザが効きやすいと言われており、型が違えばタミフルでは効果が薄いのですが、タミフルを飲んでおけば大丈夫と勘違いをしてる方も多く、タミフルが足りなくなりやすいと言われています。2015年は国がインフルエンザウイルス対策としてタミフルやリレンザを中心に備蓄を要請しています。そのため、通常の流行では2015年に薬が足りなくなるということはないと言われていますが、情報が伝播しやすい環境ができていることもあり、何も考えずに薬を欲しがる型が増え、不足してしまう可能性が高く、必要な方にわかりにくい状況になりやすいと危惧されています。薬は充分な量が備蓄されますのでインフルエンザにかかってから病院にすぐに行けば充分間に合いますので、個人での用心で通販などで購入する際には必要以上に購入しない用に注意が必要です。また、海外版の場合は用法などが英語で書かれていることも多いのでホームページなどで用法を確認して多く飲まないように注意したいものです