タミフルの副作用まとめ

現在流行のシーズンならタミフルは重要な予防薬

インフルエンザの流行期間は毎年冬から春、12月から3月までと言われています。全国各地で時間差はありますが、大流行することもよくあります。インフルエンザの流行が現在進行形で進んでいる場合には出来る限り、外出を控えるのがいいですが、登校、出社と自宅待機するわけにはいきません。そのため、現在流行のシーズンに入ったということであれば予防のために行動することが重要です。インフルエンザの予防には多くの場合予防接種がまず思いつきますが、抗体ができるまで時間がかかるので予防接種をするなら流行のシーズンに入る前がよいです。ただし、予防接種は統計的に多いであろうインフルエンザウイルスに合わせているので型が違えば効果はありません。そこで現在流行シーズンという場合にはタミフルを利用するのも予防の手段と言えます。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があり、体内にインフルエンザウイルスが入ったとしても増殖を抑えられるので発症しても症状が軽くすむと言われています。ただし、インフルエンザウイルスの型が限定されているので違う型の場合には効果が薄くなります。また、発症を抑える薬ではないので発症後は熱などの諸症状が出ることもあります。タミフルは医師の処方箋が必要となります。そのため、家族にインフルエンザ患者がいれば予防的に処方してくれることが多いですが、単に予防用という場合にはシーズンに入っているとタミフルの在庫のことも考えて処方してくれないことも多いです。そのため、個人輸入などで備蓄しておくという方も多いようです。ただし、タミフルは副作用が認められています。特に未成年に飲ませる場合には飲んだ後数時間は副作用が強く出ていないかチェックすることが重要です