タミフルの副作用まとめ

タミフル副作用で低体温症になる?

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療効果がある医薬品ですが、服用すると異常行動を引き起こすという副作用が知られています。しかし、それ以外にも低体温になるという副作用もあります。

タミフルは、インフルエンザ発症から48時間以内に服用すれば、ウィルスの増殖を抑えることができるため、高熱が下がり、治癒が早くなるといわれている上、新型のインフルエンザの治療効果もあるという期待から、国や地方自治体が備蓄しています。

しかし、10代の子どもが服用すると、異常行動によって転落死や事故死などが起こったため、タミフルと異常行動に関係があるのかどうかが検証されています。また、タミフルを服用して体温が通常よりも低くなってしまう低体温が起こることも報告されています。

タミフルを服用したことで結果、熱が下がりますが、これは、薬によって体温中枢が影響を受けて、通常時よりも体温が下がり、34度以下になってしまうケースもあります。この低体温は、異常行動や呼吸が停止する前兆とも言われており、タミフルが強く作用してしまうと、呼吸中枢が影響を受け、命に関わってしまいます。

体温中枢が薬によって影響を受けると極度の低体温が起こり、統合中枢が影響を受けると異常行動を起こす、呼吸中枢が乗っ取られると呼吸困難になり、突然死亡してしまいます。体温の低下は、インフルエンザが治癒したと思われがちですが、実はタミフルが脳に作用して体温が下がっただけで、インフルエンザウィルスはまだ体内に残っている状態です。

インフルエンザにかかり、タミフルを処方された場合、異常行動という副作用だけに注意するのではなく、低体温にも注意する必要があります。