タミフルの副作用まとめ

羽飛びやすい乾燥してる部屋でのタミフルの効果

インフルエンザウイルスがもっともよく飛ぶのは湿度が低い乾燥してる部屋です。乾燥してる部屋では羽がとぶほど空気が軽くなっており、ウイルスもよく飛びます。インフルエンザウイルスの多くは飛沫感染で人から人に感染していきます。そのため、羽が飛ぶような空気の乾燥してる部屋はもっとも避けたい部屋とも言えます。職場や家庭で羽が飛ぶほどの乾燥してる部屋が多い場合は要注意です。また、乾燥しているとせっかくタミフルでインフルエンザウイルスの増殖を抑えても少量のウイルスが飛び回るので感染を進めてしまうことになります。乾燥しやすい冬や春にインフルエンザが大流行するのはこのためです。職場や学校、家が乾燥している場合にはウガイや手洗いをしっかりしてインフルエンザウイルスをもらわないようにすることが大事です。インフルエンザウイルスに感染した場合には直ぐに病院で診てもらうのが重要ですが、感染した直後ではインフルエンザウイルスの型が分からない場合があります。その場合はタミフルが処方されることが多いですが、効き目がない場合にはリレンザに切り替えられることも多くあります。タミフルは予防薬としても利用されますが、副作用がありますので体調が悪かったり、他の薬を処方している場合には服用は控える方がよいです。特に腎臓や肺関連の持病がある方は医師に相談してから飲むことが大事です。副作用は個人差がとても大きい薬です。さらに未成年に飲ませる場合には飲んだ後の観察が重要です。場合によっては暴れたり、死亡例も確認されているので要注意です。リレンザについては低年齢には処方できないのでその際はインフルエンザウイルスを抑えることができないので家族への感染も要注意です