タミフルの副作用まとめ

福岡でインフルエンザが流行する原因とタミフルの効能

福岡では毎年1,2月、また、年末にもインフルエンザが大流行することがあります。インフルエンザの流行は全国的にも12月から2月前後にかけてひどいのですが、福岡では市役所からアナウンスがされるほど流行してしまうことも多いです。福岡でのインフルエンザの流行の原因として上げられているのが飛沫感染に対しての理解不足のようです。インフルエンザは風邪のような症状がでるのでそのままにしても治ると思う方が多いのですが、咳をするたびに飛沫感染で感染を増やしてしまいます。しかも、症状が出てもまだ病院にいかないという方もおり、人が多いところでは特に飛沫感染で一気にインフルエンザの流行となるようです。インフルエンザを防ぐ方法としては手洗いとうがいが効果があると言われています。特に流行の原因でもある飛沫感染を防ぐにはウイルスを体から遠ざけることがなにより大事です。飛沫感染の原因を取り除き、体の調子を整えておけば流行してもかからずに済む方が多いです。万が一、感染してしてしまった場合には早急な対応が重要です。体がだるい、熱が出てきたらすぐに病院に行くべきです。インフルエンザは潜伏期間があるのですぐに検査ができない場合もありますが、タミフルやリレンザを処方してもらえますのでインフルエンザの場合はウイルスの増殖を防ぎ、風邪の場合はインフルエンザの感染を防いでくれます。タミフルはインフルエンザをやっつける薬ではありません。勘違いされやすいのですが、タミフルはインフルエンザウイルスを増殖させない効能しかありません。しかし、増殖が防げれば人間の抗ウイルス作用でインフルエンザを撲滅してくれますので症状が軽くなりますが、飲むタイミングが遅れれば意味がなくなるので早急にタミフルを飲むことが重要です