タミフルの副作用まとめ

タミフル利用のタイミングと痰が絡んだ時に大切な空清

インフルエンザが流行しだすと風邪のような症状の方が一気に増えます。特に痰が絡む、咳をする、鼻水が出る、だるいなどの諸症状が目立ちます。これらの症状が出た場合、風邪薬などで対処する方がおおいですが、周りにインフルエンザ患者がいたら、すぐに医師の診断を受けることをオススメします。インフルエンザに感染すると数日潜伏期がありますが、潜伏期の症状はほぼ風邪の症状です。潜伏期にはインフルエンザの検査キットではっきりと出ない場合もありますが、タミフルやリレンザを処方してもらえるのでウイルスを抑えこむことが可能です。ウイルスに感染すると発症してしまうのですが、タミフルやリレンザを早めに投与してあれば発症後も症状が軽くて済むことが多いです。また、タミフルなどを早めに利用すれば他人にうつすリスクも減らせるのですぐに医師の診断を受けることが大事です。痰がからむなどの諸症状が出ずにいきなり発熱などの症状が出る方も少なくないのでインフルエンザは日頃から予防も大事です。インフルエンザ予防では主に空清、手洗い、うがい、予防接種が大事です。手洗い、うがい、予防接種は地方自治体や国が中心となって啓蒙活動が行なわれていますが、空清については対処できていない方も多いようです。空清とは主に空気清浄機や加湿器を利用して部屋の空気を整えることです。ウイルスは飛沫感染ですから空気が軽すぎると飛ぶ距離も長く、感染リスクを上げてしまいます。空気清浄機を利用すると空気内のウイルスを除去することができますが、湿度を下げてしまうタイプが多いです。そこで加湿器を使って湿度を調整することが求められています。湿度が低いと痰が絡みやすいという方も多く分かりやすいので空清には気を付けたいところです