タミフルの副作用まとめ

インフルエンザ予防には加湿乾燥機とタミフル

日本ではインフルエンザ予防をさまざまな施設や企業で行っています。インフルエンザ予防で重要なことはウイルスの侵入を防ぐこと、ウイルスの拡散を防ぐことです。インフルエンザウイルスは目に見えないのですが、軽く、空気中を漂います。そのため、多くの感染例が飛沫感染と言われており、同室にインフルエンザ患者が入ればあっという間に感染するとまで言われています。そのため、インフルエンザ予防ではウガイ、手洗いを基本としてさまざまな対策が取られることが多いです。まず行なわれるのが加湿乾燥機による空気の清浄化、湿度の安定です。インフルエンザウイルスは軽いので湿度が低いと飛びます。口にはいるのを防ぐためには加湿乾燥機で湿度を調整することが大事です。湿度は冬場特に乾燥しますので加湿乾燥機をフル回転させて湿度を維持することが大事です。また、手洗いやウガイなどで口からの感染を防ぐのは大抵の場合成功するのですが、インフルエンザのウイルスの数が多ければ防ぎきれません。体内に入った場合、潜伏期間が数日あり、その後は発症します。潜伏中にインフルエンザウイルスの増殖を防げれば発症してもそれほど重症になることは少ないですし、感染者を増やさずに済みます。そのためにはタミフルなどのウイルスの増殖を防ぐ薬が有効です。タミフルは医者の処方箋が必要ですが、個人輸入や家族にインフルエンザの発症者がいれば予防的にもらえることもありますので、感染したかなと感じたらすぐにタミフルを飲んでインフルエンザウイルスの増殖を抑えることが大事です。タミフルは48時間以内であればかなり効き目があると言われています。発症するまでも意味がありますのですぐに飲むことが大事です