タミフルの副作用まとめ

インフルエンザの時期は冬と夏?症状と予防法

ルエンザが一番流行する時期は冬の季節で、冬に流行する季節性インフルエンザは主にA型やB型のウイルスです。この2種類以外にC型もありますが、C型は他の二つと比べると症状も感染力も弱いです。
冬に流行するインフルエンザは感染力も強く症状も重症化しやすいので、大きな被害が出ます。冬に流行しやすいのは冬場は気温が低く、空気が乾燥して湿度が低い事でウイルスが活発になりやすいからです。
インフルエンザは冬場だけでなく、夏にも感染する人がいます。夏に発生するインフルエンザは冬に流行する型のウイルスとは違って高温で高湿度の場所でも活動する海外から入ってきた型のウイルスです。
冬と夏のインフルエンザは流行する時期こそ違いますが、感染経路や潜伏期間や症状には大きな違いはありません。いずれのインフルエンザも潜伏期間があり、約1日から4日ぐらいです。
症状が出るまでは普段と同じように生活してしまう事で飛沫感染や感染者が接触した物に感染していない人が接触して感染が拡大していきます。
予防策としては外出時にマスクを着用する事や、外から帰って来た時に手洗いやうがいを徹底する事です。冬場は加湿器などを使ってある程度湿度を上げたり、換気をこまめにして室内の空気を入れ替えると良いです。家族や同居人に感染者が出た場合は、空気感染や飛沫感染を避ける為になるべく接触しないように工夫するべきです。

参考リンク

インフルエンザ潜伏期間 – インフルエンザ治療・予防薬@通販

インフルエンザは春に流行る場合がある

インフルエンザは春になっても流行する事があります。春に流行するのは冬に流行する季節性のインフルエンザです。冬に流行するウイルスは春になった瞬間に急に活動しなくなる訳ではなく、春先でも活動はします。
春の時期でも特に気温が低くなっている時は低気温、低湿度になって冬場とほぼ同じような環境になる事もあるので、より流行しやすいです。
環境の問題だけでなく、春になるとインフルエンザに感染するという危機感が薄くなり、油断から予防策をしない人が増えて感染が拡大しやすくなります。春先は生活に大きな変化が起きやすい時期なので、体力的も精神的も疲れてしまって免疫力が低下する人が増えるのも春先にインフルエンザが流行する理由の一つです。さらに真冬と比べると春先は徐々に気温も上がってきて外に出る事が増える事も感染の確率が高まる原因です。
春にインフルエンザにかからない為には気温が上がってくる春でも油断せずに予防をする事が大切です。予防策としては部屋の湿度を保ちながら換気をこまめにして、マスクの着用や手洗いなどを徹底するなど冬場のインフルエンザの予防対策と同じです。
春先のインフルエンザと冬の季節性のインフルエンザは同じ型なので、予防接種を事前にしておくのは有効な予防策です。