タミフルの副作用まとめ

タミフルと異常行動の関連性

インフルエンザ治療薬として、一般的に使用されている医薬品の一種に「タミフル」があります。このタミフルを服用することにより、主に子供に見られる副作用として、異常行動があると言われています。異常行動は多岐にわたり、直接の原因ではなくても死亡する事故の原因になる場合もあるようです。
しかし、この異常行動とタミフルの関連性については、明確にはされていません。とは言っても、服用した人の中に、異常行動があったというのは紛れもない事実です。異常行動と思われる症状があらわれる頻度は不明であり、どのような場合であらわれるのかということも解明されていません。インフルエンザを発症した場合、高熱を伴う場合があります。この高熱が、幻視や幻覚、幻聴などを引き起こす原因である可能性もあり、それらの症状と現実とを区別することが出来ないため、異常とも思われる行動をとる可能性も指摘されています。意味もなく笑う、突然走りだす、意味不明な言葉を発するなどがあった場合には、それが高熱が原因である場合もあります。
必ずしもタミフルだけが異常行動を引き起こす原因であるとは限らないということを理解する必要があります。タミフルを服用するという場合には、万が一の際に備えて、異常な行動が見られた時にすぐに対応することが出来るように1人でも良いので、誰かが見守ることが出来るような環境を整えるようにしましょう。また、近くに危険なものがないように、片付けておくことも大切になります。もし、異常行動があらわれたという場合には、焦らずに早めに医療機関に相談するようにしましょう。
異常行動を恐れるがあまり、薬を服用しないということは正しい判断であるとは言えません。

■インフルエンザの治療薬通販サイト
通販できるインフルエンザの薬
■自宅でインフルエンザを治す
リレンザ